« 初めてすねた奴 | トップページ | +2ポイントゲット! »

2005年8月20日 (土)

ヒップライン

最近の車はオシャレじゃないですよね。

YPの趣味のひとつにミニカーコレクションがあるのですが、目が行くのは60~70年代のクルマばかりです。 60年代は丸みの有る形のクルマが多く、職人が板金をたたき出して作った味があります。 70年代になると合理化や生産性がデザインを抑圧し始め、シンプルで角ばったプレスラインになりますが、逆にそれを割り切って使ったスタイルが新鮮さと映った頃でした(その代表がジウジアーロデザインの初代GOLF!)。 この頃までは、日本車でも充分に味のあるデザインのクルマが有りますね。 YPもいすゞ117クーペ、ダルマセリカ、日野コンテッサとかが好きです。  

80年代になると、もうため息だけですね。(;o;)トクニコクサンハダメダメ マーケティング先行の大衆迎合デザインが主流となり、味が無くなってくる。「クルマの家電化」なんて聞くと、然もありなん・・・って感じ。(>o<)ミンナトヨタガワルイノサ 

優れたデザインというのは、自己主張があってアクの強い、それまでの常識からすると「なんじゃコリャッ!」って感じのもので、元々大衆受けするものではないんですよね。 そのデザイン力が、大衆の新しい好みを作っていくものだと思います。 今の時代には、ビジネス上で大きな冒険となるデザインは、採用するのが難しいのでしょうね。 (NISSANのキューブぐらいの思いっきりさが欲しい!)

そんな中で、YPが最近「これはっ!」と思ったデザインは、ルノー・メガーヌのオ・シ・リ・・・、前じゃなくてオ・シ・リ。(>o<)ナンドモイウナ! 一目見て惹きつけられました。 あの宇宙船のようなヒップラインは万人に受け入れられるものではないでしょうが、パリっ子の小粋さを気取るに足るアバンギャルドさが有ります。 (^~^)ウーン、トレビアーン!

さて、我がいとしのGOLF4も、結構ヒップラインがご自慢です。 初代GOLFから比べると肥大したと叩かれたGOLF4ですが、初代の合理化精神はそのままに、ライバルに負けない充分なパッセンジャーユーティリティを確保し、なおかつその大きさがボテッとして見えないように微妙な曲線で構成されています。 特に特徴的な「くの字」のCピラーとリヤコンビランプをつなぐラインの巧みさには惚れ惚れしますね。 メガーヌはとびきりの「バックシャン」ですが、トータルデザインではGOLF4が上です。

昨日も、最近洗車好きになったワイフが、そのヒップラインをナデナデ手洗いしてきたらしいです。 

このYPを差し置いて・・・\(>o<)/YPモアラウンダイ!

Golf_hip 

|

« 初めてすねた奴 | トップページ | +2ポイントゲット! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125189/5556125

この記事へのトラックバック一覧です: ヒップライン:

« 初めてすねた奴 | トップページ | +2ポイントゲット! »