« 「ナルディ」、「レカロ」・・・魅惑の記号 | トップページ | ビートルくん »

2005年8月 2日 (火)

フォルクスワーゲンという会社

GOLF4に乗り始めてから、フォルクスワーゲン(VW)関係の本や雑誌を読み漁っています。 

お定まりのヒトラーとポルシェによって生み出されたビートルの登場、ビートルを超える車を作れない困惑、そしてセンセーショナルに登場するジウジアーロデザインのGOLF・・・いいですね。 VWにはストーリーが有ります。 

もちろん他のメーカーにも歴史があり、当然そこには人々の関心を呼ぶストーリーがあります。 プロジェクトXに描かれた、スバル360の開発、そしてマツダのロータリーエンジン開発 etc でも、GOLF4を気に入ってしまった自分には、やっぱりVWのストーリーが特別なのです。

「VWの何が特別なの?」と思われる方も多いと思います。 YPは、この会社のストーリーが、「顧客満足」を与えるサービスに繋がっていくからだと思います。

フォルクスワーゲンと聞くと今でも「ビートル」を思い浮かべる方が多いと思います。 VWは、あまりにも優秀で、人々を惹きつけ続けた「ビートル」のために、新しい商品をなかなか市場に出せず苦悩します。 いくら優秀といっても年々商品力は落ちていきます。 かといって、「ビートル」を超える商品はなかなか作れない。 そのため、VWは毎年「ビートル」を改良し続けます。 いわゆるイヤーモデル制です。 常に顧客の要求を取り入れ「ビートル」は進化しつづけました。 これが「最新のドイツ車が最高のドイツ車」と言われる所以です。 

そして、苦悩し続けた結果やっと市場から「ビートル」を超えるものとして受け入れられたのが「GOLF」です。 ジウジアーロの徹底した合理化精神と、VWの技術力の結実。 最小のパッケージングで大人4名とバカンスに必要な荷物が全て詰め込める。 まさに、家族の夢を詰め込む車でした。

それから、「ビートル」を長く作り続ける中で、「顧客に長く乗って頂くサービス」が生まれました。 10年を超える錆無し保証、長期にわたる安価な部品供給。 部品供給で言えば、中古の良品をVW自身が再保障して供給するシステムまであります。 「VWの車を長く、愛着を持って乗って欲しい」という、気持ちが伝わってくるように思います。 

それから、ディーラーの対応も良いです(DUOはちょっと国産くさいけど・・・)。 上質な客として扱ってもらっているような、配慮を感じます。 最近VWから「Not for Sale」のCD「Love Ballads R&B Version」が、予告なしに突然届きました。 80年代のバラード満載で、ワイフとも「私達の年齢にピッタリの選曲」だと、喜んで聞いています。

他の自動車会社と違うと思いませんか? YPにとって、VWはとても特別な会社です。

2190My_Golf_L_Plus

|

« 「ナルディ」、「レカロ」・・・魅惑の記号 | トップページ | ビートルくん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125189/5284257

この記事へのトラックバック一覧です: フォルクスワーゲンという会社:

« 「ナルディ」、「レカロ」・・・魅惑の記号 | トップページ | ビートルくん »