« 宇宙旅行ビジネス | トップページ | 哲学しよう! »

2005年10月18日 (火)

Google MAP の懸念、ホリエモンへの期待

Google MAPが、各国の懸念材料になっているらしい。 軍事施設が丸見えで、テロリストの標的になるかもしれないと心配しているらしい。 何をいまさら・・・

YPは、宇宙に行くことの最大のメリットは、これまでの人類の常識を超えた「神の目」を持てることだと思っている。 更に情報を無償でオープンすることを基本としたインターネットの組み合わせは、普通の人達にその「神の目」を与えることになる。 今の技術なら、一般家庭のオヤジがパソコンで軍事基地の兵力移動を「監視」できるわけだ。 つまり、文民の力が更に強まったと言う事。 意味も無く兵士を戦場に借り出す不逞の輩の行動を監視し、戦争の危機を減らすことが出来る。 

この流れに制限を掛けてはいけない。 最終的には、宇宙からの監視の目を民間で持ち、全ての国の様子をオープンにする。 (もちろん、家の仲間では覗けないから、個人のプライバシーは最低限守られるのが前提。) そして、人間を国境や、宗教や、人種の垣根を越えることの出来る意識を持つ新人類を作ろう。

ホリエモンこそそれが出来る一番のポジションに居ると思うのだが。 金持ちだけが行ける宇宙旅行事業をするより、宇宙とネットを結びつけて人類の進化を目指しませんか? 

|

« 宇宙旅行ビジネス | トップページ | 哲学しよう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125189/6462520

この記事へのトラックバック一覧です: Google MAP の懸念、ホリエモンへの期待:

» ホリエモン、「ジャパン・スペース・ドリーム」を設立 [星空を眺めて]
ホリエモンが「ジャパン・スペース・ドリーム」を設立した。 噂だけだと思っていたら [続きを読む]

受信: 2005年10月25日 (火) 20:44

« 宇宙旅行ビジネス | トップページ | 哲学しよう! »