« オーストラリアGP予選 | トップページ | 佐藤琢磨に・・・ »

2006年4月 2日 (日)

オーストラリアGP決勝

大波乱のGPでしたね。 フォーメーションラップからバタバタで、クラッシュも続出。 あの皇帝シューマッハまで・・・4回もセーフティカーが入ったGPは始めて見ました。 まさにサバイバルバトル!

しかし、なんと言っても今日の主役は、HONDAのJ.バトン。 PPからのスタートで、セーフティーカーが入るまではいい走りを見せてくれました。 しかし、再スタートであっさりアロンソの後塵を拝すと、そのあとは数あるセーフティーカー導入のチャンスを生かせずジリ貧。 片山右京に「バトン下手だなー。」とか、思い切り言われてるし。 最後は、最終コーナーを越えたところでエンジンが大噴火。 ゴールの150m手前でそのままストップ・・・って、受け狙いでやってないか、J.バトン。

一方で、また見せ場を作ってくれたのが、SAFの佐藤琢磨。 一回目のピットストップまでは、HONDAのバリチェロとレッドブルのクルサードの両ベテランを抑え込んで、走ってた。 バリチェロが情けないって言い方もあるけど、琢磨やるじゃんって感じ! いったい、去年の琢磨は何だったんだろう。 SA06が投入されたら、ポイントゲットもあり得るかも・・・って期待してしまうよね。 井出も初めて完走できたし。 SAFは今後が楽しみだね-。 

ところで、 我がレッドブルの状況はといえば、クリエンは早々に派手なクラッシュで消滅。クルちゃんは8位で1ポイントゲット(通算500ポイント!)。 まあ、普通かな・・・。 でも、あんまり地味だと画面にも映らないし、つまんないよね。 クルちゃんも映ってたの、琢磨に抑えられてた時だけだし。 本気でSAFに乗り換えようかな・・・

|

« オーストラリアGP予選 | トップページ | 佐藤琢磨に・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125189/9397541

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアGP決勝:

« オーストラリアGP予選 | トップページ | 佐藤琢磨に・・・ »