2006年3月17日 (金)

萌える男

本田透の「萌える男」(ちくま新書)を読んだ。 久々のスマッシュヒット。 面白かった。

ワイフは「萌え~!って何?」とよく質問する。 YPも「ときめくに近い・・・かな?」とは思っていたが、実はよく判らなかった。 電車男を見ても謎は解けることはなく、頭書の本に行き着いたわけだ。

本田透によれば、「萌える男」とは「ある対象(通常2次元キャラなどが多い)を介して得られる自己幻想で癒される進化した男」と言う事らしい。 本田透は自らオタクを自称し、最初から「萌える男は正しい」として議論を進めているので、入り口でつまずくと頭が拒否反応を示して議論についていけないかもしれない。 しかし、オタク的要素を持ち合わせる(実は誰でも持っているのだが)ことを自認するYPには、割と納得がいく内容だった。

バブル時代を謳歌した「恋愛資本主義(マニュアル通りに恋愛し、セックスしなければならないという強迫観念がなせる主義)」が人を「恋愛出来る者(勝ち組)」と「出来ない者(負け組)」に2元化した結果、「出来ない者」の中に恋愛結婚(対幻想)をしなくても「萌えることにより(自己幻想により)自己を安定化できる、恋愛をむしろ拒否する者」が生まれた、とする。 

確かに時代はそのような者を多く生み出している。「30過ぎても結婚しない男女」は増加している。 彼らは「結婚したくても出来ない」というより、「結婚しない、しなくてもなんとかなる(自己を安定させられる)」人達だ。 逆に結婚しても自己の安定が得られず、不倫、DV、離婚、子供の虐待が珍しくない。 「そんなことならむしろ一人でいる方が・・・」と思うのも不思議ではないし、2次元キャラと脳内恋愛をしている方が安心できる、癒されるという発想が起きても全くおかしくはないのだ。 

今は「純愛ブーム」だが、みんなあからさまな(恋愛-セックス)の図式(本田が恋愛資本主義と呼んでいるもの)に辟易して来ているのだと思う。 そして、今の日本では勝ち組のイケメンは純愛の対象にはならず、純愛が出来るのは恋愛資本主義におかされていない「萌える男」だけ・・・。 それがオタクが(恋愛資本主義での)偏差値の高いキャリア女性と純愛する「電車男ブーム」として現れてきた。 この論には、YPは全く素直に納得してしまうのだ。 確かに「萌える男」の方が、「イケメン」より純粋で癒される存在だと思う。 

最初に書いたようにこの本は「萌える男」を正当化することから議論が始まっており、当然異論もあって然るべきである。 しかし、これが現状の社会現象をよく説明できる内容であることは間違いないと思う。 これを元に、更に議論が進むことを望みたい。

「萌える男」は、本当に純愛を復興し、家族を繋ぎ止める真の力になるか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

キタ九州空港開港-キタ-!

北九州空港が開港した。 名古屋から1日に3往復もするらしい。

片道1時間15分だそうな。 きのう下関に片道4時間かけて行ったのに・・・ 早割とかつけると新幹線と値段も変わらない。 俺の往復5時間半を返せってかんじ。 

ところで、今日は開港記念で上戸彩が来てたそうな。 別にファンじゃないけど、久しく芸能人らしい芸能人を見たことないので、見たかったな。 出張今日なら良かったのに・・・

でも、苦労して持ち帰った「地方限定 明太子プリッツ」は、家族に大人気でした。 グリコ恐るべし・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

遠くまで出張~

昨日から下関まで出張でした。 名古屋から新幹線で3時間半・・・ 辛かった。 エコノミー症候群になるかと思った。 新幹線も2時間が限度だね。 仕事の時間より新幹線に乗ってる時間の方が圧倒的に長いし、ふくも食べれなかったし。(下関では”ふぐ”を”ふく”というらしい。) 

しかたないので、帰りに”ふくチョコレート”と”地方限定明太子プリッツ”を買って帰った。 YPが下関へ行った証拠品。 味は・・・言わなくても判るっしょ。

明日仕事になるかな・・・  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

Google MAP の懸念、ホリエモンへの期待

Google MAPが、各国の懸念材料になっているらしい。 軍事施設が丸見えで、テロリストの標的になるかもしれないと心配しているらしい。 何をいまさら・・・

YPは、宇宙に行くことの最大のメリットは、これまでの人類の常識を超えた「神の目」を持てることだと思っている。 更に情報を無償でオープンすることを基本としたインターネットの組み合わせは、普通の人達にその「神の目」を与えることになる。 今の技術なら、一般家庭のオヤジがパソコンで軍事基地の兵力移動を「監視」できるわけだ。 つまり、文民の力が更に強まったと言う事。 意味も無く兵士を戦場に借り出す不逞の輩の行動を監視し、戦争の危機を減らすことが出来る。 

この流れに制限を掛けてはいけない。 最終的には、宇宙からの監視の目を民間で持ち、全ての国の様子をオープンにする。 (もちろん、家の仲間では覗けないから、個人のプライバシーは最低限守られるのが前提。) そして、人間を国境や、宗教や、人種の垣根を越えることの出来る意識を持つ新人類を作ろう。

ホリエモンこそそれが出来る一番のポジションに居ると思うのだが。 金持ちだけが行ける宇宙旅行事業をするより、宇宙とネットを結びつけて人類の進化を目指しませんか? 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月17日 (月)

宇宙旅行ビジネス

ホリエモンが宇宙旅行ビジネスを始めるらしい。 それも、30年前の旧型宇宙船を引っ張り出してくるとのこと。 この記事を読んで、正直ホリエモンにはがっかりした。

宇宙へ安く行ける。 これは素晴らしいことだと思う(とはいっても、数千万円はかかるでしょうが)。 そのことはだ。 だけど「単なる個人の経験」、悪く言えば「金持ちの道楽のため」だけに宇宙へ行くのは、であると思う。 宇宙へ行くことは「神の視点が与えられる」と言えるほどの、特別なことだ。 だから、新しい宇宙船を開発し、宇宙旅行ビジネスを目指す米国のSpace Ship Oneはだが、ソ連の旧式カプセルではなのだ。 同じ安い宇宙飛行でも、これは大きく違う。 このロジック判ります?

新しい宇宙船を作る。 これは未来に繋がっている。 そこにはより多くの人達を宇宙へ導く手段を作り出す未来が見える。 でも、旧式のカプセルは、過去のものでしかない。 宇宙へ行けるのは、そのカプセルが使える間に、チケットを買う金を持っていた人だけだ。 カプセルは人が作った物で、いつかは使えなくなる。 そうしたら、宇宙旅行業は廃業するの? 長期ビジョンが全く無い。

ホリエモンが宇宙ビジネスを始めると聞いて少し期待していた。 米国で開発しているSpace Ship Oneは、あの英国の実業家リチャード・ブランソンが開発に関わっている。 彼らは実際に新しく宇宙船を開発し、2週間の内に2度の宇宙旅行を行って見せ、そして宇宙旅行ビジネスへ参入した。 きっとその延長線上には、より安全に、より安価に人々を宇宙へ導く明日がある。 ホリエモンも同じようなビジョンを打ち出してくれるものと期待していたのになー

所詮ホリエモンは、いま金持ちになることしか、いま自分の夢を果たすことしか頭に無いわけだ。 まあ、自分の夢を果たすことは悪いことではないけどね。 でも人物としては、サー・リチャード・ブランソンの足元にも及ばないってこと。 残念だな-(-_-;) 

 

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005年8月 6日 (土)

シャトル・・・心配ないですか?

野口さんとロビンソンさんの船外修理が終わりましたね。 でも、皆さん気になりませんでしたか? ロビンソンさんが、2cmの接合材を引っ張った時に「簡単に抜けた」って言うことが・・・ 「良かった!」って事になっていますが、要は「接着されてなかった」って事ですよね。 2箇所そういう部分が有ったということは、その10倍以上の20箇所は突き出してはいないけれど接着されていない場所が有りますね。

操縦席の横の50cmに渡る膨らみも原因がなんだかは判りませんが、NASAは生還できない確立は1%程度と言っているようですね。 皆さんは、生還できる確立が99%と言われて安心しますか? 「人の命を確率で表現する」今のNASAなら、発表の1%は10%以上の危険が有ると思えます。 

野口さんたちは、そんなことは判っていると思いますが、全員選ばれて宇宙へ行ったエリート達です。 そんな不安は表に出さず、私達に笑顔を送ってくれます。 

宇宙飛行士の皆さんが無事に帰ってこられ、子供達の夢と人類の進化を繋いで行く事が出来ますように・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月31日 (日)

ブログ楽しいです!

今日で7月も終わりですね。 YPの勤め先は今週一週間が夏休みだったのですが、家でのんびり過ごしました。 

ブログも始められたし、そのおかげで皆さんから色々な考えを聞かせていただけて、とっても充実した一週間でした。 ブログを通してのコミュニケーションは自分に合っているかな、と思います。 同じような思いを持つ人と共感できるのはうれしいものですね。

明日からまた仕事が始まりますが、頑張っていけそうです。 (^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月30日 (土)

Google Earthで世界旅行!

色々なブログでも話題になっている、Google Earthというフリーソフトをダウンロードしてみました。 これは凄いの一言に尽きますね。 世界の名所を居ながらにして巡る事が出来ます。

簡単に言えば、地球上の全ての地点の衛星写真を貼り付けた地球儀が作られていて、どこでも好きなところを拡大して見ることが出来ます。 自分でマウスを使って、地球儀をグリグリ回しながら見たいところを探すことも出来るし、地名・国名を入力してそこへ飛んでいくことも出来ます。 大都市だと一軒一軒の家や、車を判別することが出来ます。 残念ながら日本は東京都区内だけですが、この区域に住んでる人は「宇宙から見た自分の家」が見つけられます。 知り合いの家を見に行って「あいつの家の車、色変わってるぞ。新車買ったな・・・」なんてことが判断できるレベルです(車種はさすがに判らんな-;^o^)。

ニューヨークなどはビルが3Dで見れるようになっていて(但しビルは線画)、視点を変えるとビルの間を走っていく事が出来ます。それから、レストランの情報が表示できるようになっていて、「あの角を曲がったところに出来た新しいレストランはどんな店かな・・・」とマップの上から店の情報が検索できます。地球儀でレストランの検索をするなんてことが出来るようになるとは・・・・ 

我が家では、世界名所めぐりをやってみました。 ピラミッドを見つけたときは家族で大興奮! スフィンクスも確かに確認できました。 パリもエッフェル塔や凱旋門もハッキリ見えて、シャンゼリゼを歩く(這うかな?)ようにして進んで見ました。 「こりゃ本当に世界旅行だな・・・」と思いました。

軍事衛星からは人の数を数えられるほど解像度の高い写真を撮っていると言います。 この程度のことは出来て当たり前なのかもしれませんが、こういう情報自体がオープンにされるようになったことが凄いと思います。 まさに、過去の人達からすれば、「神の視点」が持てるのですから。 愛・地球博では「人間の叡智」を「かけら」も感じませんでしたが(;^o^)、これには「人間の叡智」を感じましたね。 

我が家でも子供達が夢中になって見てましたが、こういった視点で社会の教育を受けると、これまでと違った人間が育つように思いますね。 まじめに「ひとつの地球上に、一緒に住んでいる人間達」のことを考えられる政治家も出て来るんじゃないかな。

「だって、アンタがどんなに威張り腐った独裁者でも、子供達に上から覗き込まれるちっぽけな存在ですからっ・・残念!!! しょせん、裸の王様、斬り! ジャーン」

そんな素晴らしい明日に繋がる仕事ををしている、野口さんたちが無事に帰還できますように。  

Google Earthダウンロードはこちら: http://earth.google.com/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年7月29日 (金)

たてつづけにココログ!

今週は会社の夏休み。

仕事のことを考えずに、F1見たり、インターネットやったり、パソコンいじったり、GOLF4でドライブしたり、本を読んだり・・・。

大きなイベントはないけど、小さな幸せで一杯だー。 ちょっと暑いけど・・・

世間は人を勝ち組、負け組に勝手に区別して騒いでくれるけど、YPはちょっとした幸せが拾える生活が続けられればいいかな。 でも、「カネ」の勝ち組にならなくてもいいから、「教養」では勝ち組になりたかったりして。

さて、本でも読も-かなっと。 昨日買った、「F1速報」・・・て、何の「教養」じゃい! (一人ボケ突っ込みでした・・ジャンカジャンカジャン)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シャトルの耐熱タイル

野口さんの乗った「ディスカバリー打ち上げ成功」は、耐熱タイル剥れの問題で、一転して失敗ムードですね。 

ロケットの打ち上げには「巨大システムの取りまとめ(管理)技術」、つまり「必要な全てのことを、最大漏らさず全て実行する技術」が要求されます。 アポロ計画は、NASAがその技術力を遺憾なく発揮して成功したのです。 でも、既にその技術は衰退しているようですね。

アメリカ人って、「ソ連に負けるな・・・」、「9・11のテロの源を断て・・・」と言った愛国心をくすぐる目標を掲げられると、一致団結して異常な集中力を発揮するのに、一旦モチベーションが下がると、この有様です。 要は「現在、宇宙はアメリカの政治にとっての重要課題ではない」ってことの表れですね。 政治家がビジネスマンばっかりですから。

私見ですが「宇宙からの地球観測」や「宇宙の起源の探査」は、単なる「夢」だけでなく、「金儲け」、「民族紛争」etcといったことが如何につまらないことかを理解する「新しい視点を持つ人類」への進化に寄与するものだと思っています。 

「インスタントラーメンを食べるため」に宇宙へ行くわけじゃないですよね。 日本ではそんな報道が多いですが・・・

1つのミスは氷山の一角です。 他にミスが無いとは言い切れないと思います。 でも、野口さんは、シャトルの耐熱タイル等を補修する技術を持つスペシャリスト。 必ずや無事に帰還し、「人類の進化」への歩みを繋いでくれるものと信じています。

今日は、ちょっと力入っちゃったな・・・  

| | コメント (1) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧